【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?

アシレーヌといえば、ポケモンホームによって解禁された7世代の水タイプの御三家で、攻撃を除いた種族値が456と高数値を誇るポケモンです。

アシレーヌ

みず・フェアリーというタイプも優秀で、7つのタイプに耐性がありながら、攻撃面も優れたタイプとなっています。

そんなアシレーヌの育成論と対策を紹介していきたいと思います。

アシレーヌの育成論

アシレーヌの育成論はこのようになります。

  • 性格:ひかえめ or れいせい
  • 特性:げきりゅう
  • 持ち物:こだわりメガネ、しんぴのしずく、いのちのたま、とつげきチョッキなど
  • 努力値:HC252 A4
  • 実数値:187-*-94-195-136-80
  • わざ:水技/フェアリー技/選択枠/選択枠

性格は特攻の上がる『ひかえめ』がおすすめ!

アシレーヌは優秀なタイプで相手の攻撃を受けつつ、自身の高い特攻を押し付けていくスタイルのポケモンとなります。

そのため、素早さの上がる『おくびょう』よりも特攻の上がる『ひかえめ』がおすすめです!

また、トリル下での運用を考えている場合や『アクアジェット』の火力を少しでも盛りたいといったケースでは、攻撃ではなく素早さに下降補正のかかる『れいせい』も候補となります。

特性は『げきりゅう』がおすすめ!

アシレーヌの特性は通常特性の『げきりゅう』と夢特性の『うるおいボイス』の2種類が存在します。

結論から言うと、シングル勢は『げきりゅう』一択となります。

『うるおいボイス』はスキン系の特性のような火力アップ効果はないため、ダブルバトルで味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』を水タイプで撃ちたいケースでのみ採用される特性となります。

『うるおいボイス』はダイマックスとも相性が悪いので、基本的には『げきりゅう』を選ぶのが良いでしょう。

持ち物は火力を伸ばすものがおすすめ!

アシレーヌは火力を押しつけていくポケモンであるため、『いのちのたま』や『こだわりメガネ』などの火力アップ系の持ち物がおすすめです。

『アクアジェット』を採用する場合には、HPを消耗せずに火力アップの期待できる『しんぴのしずく』や撃ち合いに強くなれる『とつげきチョッキ』なども候補となります

努力値はHCベースで!

アシレーヌは素早さよりも耐久を活かした戦い方を得意とするので、HCベースの配分が基本となります。

必要に応じて低い防御を補強したり、素早さの調整をすると良いでしょう。

おすすめの技

アシレーヌのおすすめの技を紹介します。

ハイドロカノン・ハイドロポンプ

ダイマックスエースとして運用したいケースでは、水技は威力の高い『ハイドロポンプ』や『ハイドロカノン』を選ぶと良いでしょう。

通常時には使いづらい『ハイドロカノン』を採用する場合は、ダイマックス前提の形にするのが望ましいです。

うたかたのアリア・ねっとう・ハイパーボイス・みずのちかい

積極的にダイマックスをさせない構築であるなら、水技は『うたかたのアリア』や『ねっとう』などの使いやすいものを採用すると良いでしょう。

ダブルバトルならコンビネーションわざを狙える『みずのちかい』や味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』も候補となります。

意外かもしれませんが、『だくりゅう』は覚えることができません。

ムーンフォース・マジカルシャイン・ドレインキッス

フェアリー技はシングルなら『ムーンフォース』ほぼ一択となります。

ダブルで全体技を求めている場合には『マジカルシャイン』、瞑想型などで攻撃しながら回復したいようなケースでは稀に『ドレインキッス』が採用されることもあります。

れいとうビーム・ふぶき・こごえるかぜ

アシレーヌの苦手な草タイプを意識したい構築では、氷技も候補となります。

ダイマックス前提なら『ふぶき』、命中安定で使いやすい『れいとうビーム』、素早さを落としながら攻撃できる『こごえるかぜ』から好きなものを選ぶと良いでしょう。

『ダイアイス』で襷を潰せるのも魅力です。

エナジーボール

草打点が欲しい方は『エナジーボール』も覚えるので採用するといいかもしれません。

アクアジェット

先制技が欲しい方は『アクアジェット』も採用すると良いでしょう!

アシレーヌ自体が遅いポケモンであることもそうですが、攻撃種族値も74とそこまで低くはなくタイプ一致で撃てるのもあって、役に立つ場面は多いはずです。

めいそう

アシレーヌは『めいそう』と相性が良く、一度でも積めればダイマックスで一気に制圧できるほどの火力を手に入れることができます。

アシレーヌの弱点である電気、草、毒はいずれも特殊技が主体であるため、瞑想を積むことで弱点を突かれても倒されにくくなるのも強みと言えるでしょう。

ちなみに、7世代以前の作品では『めいそう』を覚えることができません

まもる

ダブルでは『まもる』があると動きやすくなります。

ほろびのうた

扱いの難しい技ではありますが、『ほろびのうた』も便利な技です。

ダブルでは相手より先に2体処理した後にカウントダウンを押し付けるのが強力ですし、シングルでも耐久系の積みポケモンなどを流せたりと便利です。

アシレーヌの対策

アシレーヌは種族値が高くタイプも優秀なので対策は少し難しいです。

物理アタッカーで戦う

アシレーヌは特殊相手には強いですが、防御の種族値が低いため物理を相手にするのは苦手です。

高い攻撃を誇る物理アタッカーであればアシレーヌに有利を取れるでしょう。

上から一撃で倒していけるパッチラゴンや行動保証のついているミミッキュなどがおすすめです。

パッチラゴン
ミミッキュ

とつげきチョッキを持たせたポケモンを採用する

アシレーヌは攻撃範囲も広く火力は高いので受けるのは難しいかもしれません。

ですが、アシレーヌは基本的に特殊アタッカーなので『とつげきチョッキ』を持たせることで撃ち合っていくことが可能になります。

ナットレイやカビゴンのような物理アタッカーにとつげきチョッキを持たせれば、有効な対策となるでしょう。

 ナットレイ
カビゴン

まとめ

アシレーヌは優秀な種族値とタイプが魅力的なポケモンです。

優れた火力と特殊耐久を誇りますが、物理耐久の低さが弱点となるでしょう。

構築を組む際には、『おにび』を使えるポケモンや『いかく』持ちと一緒に採用するなど、アシレーヌの弱点をうまくカバーできるようにするといいかもしれません。