【ポケモン剣盾】ギガイアスの育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?

ギガイアスといえば、7世代で『すなおこし』の特性を習得し、ダブルバトルのトリックルームを使ったパーティで活躍しているポケモンです。

同じ『すなおこし』の特性を持つバンギラスと比べて技範囲や種族値は劣っていますが、素早さの低さや弱点の少なさ、だいばくはつを覚える点など差別化できる点は多いです。

ギガイアス

そんなギガイアスの育成論と対策を紹介していきたいと思います。

ギガイアスの育成論

ギガイアスの育成論はこのようになります。

  • 性格:ゆうかん
  • 特性:すなおこし
  • 持ち物:こだわりハチマキ、いのちのたま、じゃくてんほけんなど
  • 努力値:H244 A252 D12
  • 実数値:191-205-150-*-102-27
  • わざ:岩技/選択肢/選択枠/選択枠

性格は『ゆうかん』がおすすめ!

ギガイアスの素早さ種族値は25とかなり低いため、これを逆手にとったトリックルーム下での運用をしていきたいところです。

そのため、素早さに下降補正をかけた『ゆうかん』な性格がおすすめとなります。

特性は『すなおこし』を選ぼう!

『すなおこし』の特性で「すなあらし状態」にすることで、いわタイプである自身の特防を1.5倍にする効果があります。

ギガイアスは、ほかにも『がんじょう』や『すなのちから』といった特性も持っていますが、基本的には『すなおこし』の特性を採用することとなるでしょう。

持ち物は火力アップ系のものがおすすめ!

ギガイアスの持ち物は『こだわりハチマキ』や『じゃくてんほけん』、『いのちのたま』などの火力アップ系のものがおすすめです。

岩技は通りが良いこともあり、火力を底上げして圧力をかけていく動きがとても強力です。

努力値はHAベースでOK!

ギガイアスはAに振り切りたいポケモンであり、また耐久面はHPに振るのが最も堅くなるため、努力値はHAに特化するのがシンプルに強い配分と言えます。

サンプルではHPの努力値を『244』にすることでHPが実数値が『191』となり、『16n-1』と『6n-1』を両立した綺麗な値をとるようにしています。

おすすめの技

ギガイアスのおすすめの技を紹介します。

いわなだれ・ストーンエッジ

ギガイアスの岩技は『いわなだれ』と『ストーンエッジ』からどちらかを選択、または両立する形となるでしょう。

基本的には全体技である『いわなだれ』が推奨されますが、命中不安ながらも高火力で敵を縛っていける『ストーンエッジ』も魅力的です。

ダイマックス時の威力はどちらも130となっています。

じしん

岩技の通りにくい鋼タイプのポケモンに有効な地面技として『じしん』も採用すると良いでしょう。

岩技と地面技の両方に耐性を持つポケモンは少ないため、多くのポケモンに有効打を持てるようになります。

10まんばりきは覚えません。

ボディプレス・ばかぢから

格闘打点として『ボディプレス』や『ばかぢから』を入れるのも良いでしょう。

デメリットはあれど威力の高い『ばかぢから』が使われることが多いですが、『ボディプレス』もダイドラグーンや威嚇で火力が落ちないといった利点があるので一長一短となります。

だいばくはつ

『だいばくはつ』は高火力のゴリ押し技ではありますが、退場技としても使える便利な技です。

ギガイアスは技の選択肢が少ないこともあり、この技を採用する人も多いことでしょう。

まもる

ギガイアスは数値こそ高いものの、弱点の多いポケモンなので『まもる』が役立つ場面も多いでしょう!

ステルスロック

ギガイアスは『ステルスロック』と砂を撒いて、『だいばくはつ』で後続に繋げていくムーブができます。

主にシングルで活躍する技と言えるでしょう

ワイドガード

ギガイアスは『だくりゅう』や『じしん』のように全体技で弱点を突かれてしまうものも多いです。

ダブルであれば『ワイドガード』を採用するのも一考の価値があるでしょう。

じゅうりょく

命中不安のつきまとう岩技を使いやすくする『じゅうりょく』という技があります。

単体で使うよりもパーティ単位で活かしていくのが強い技なので、『さいみんじゅつ』を覚えたポケモンや高火力で『じしん』を使えるポケモンとセットで採用するといいでしょう。

ギガイアスの対策

ギガイアスは数値の押し付けが強いポケモンのため対策はやや難しいです。

攻撃を下げる

ギガイアスは攻撃の種族値が135なのに対し、特攻の種族値は60しかないため、ほぼすべてのギガイアスは物理型であることが予想できます。

『いかく』の特性を持つポケモンを繰り出したり、『おにび』でやけど状態を狙ったり、また『ダイドラグーン』による攻撃ダウンも有効といえます。

火力を削いでしまえば、ダイマックスされようが驚異ではなくなるので、安定した対策と言えるでしょう。

トリックルームを展開させない

いわタイプの攻撃に耐性を持つポケモンは少ないため、こだわりハチマキやダイマックスで火力を底上げされると、多くのポケモンが一撃で倒されてしまうほどのパワーを誇ります。

その強みを発揮するため、特にダブルバトルではトリル持ちと組んでいることが多いです。

トリルを展開され、ギガイアスに上を取られると、またたく間にポケモンが倒されていく展開になってしまうので、トリルを絡めた戦い方をなんとかして妨害していかなくてはなりません。

トリパの対策は様々ですが、ウオノラゴンなどの超火力のポケモンでトリル役を倒していけるようにしたり、いわタイプの攻撃にも耐性がありトリル下で先に行動できるナットレイを採用したりするといいかもしれません。

ウオノラゴン
 ナットレイ

まとめ

ギガイアスはトリル下で真価を発揮するポケモンであり、高い火力と高い耐久を誇る重戦車型のポケモンと言えます。

対策するには、火力を削いだりトリルの発動を防いでいく必要があるでしょう。