【ポケモン剣盾】パッチラゴンの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?

パッチラゴンはポケモン剣盾に登場する化石ポケモンの1匹であり、その見た目とは裏腹にとても強いポケモンです。

そんなパッチラゴンの育成論を紹介していきたいと思います。

パッチラゴンの育成論

パッチラゴンの育成論はこのようになります。

  • 性格:いじっぱり or ようき
  • 特性:はりきり
  • 持ち物:いのちのたま、ラムのみなど
  • 努力値:A252 D4 S252
  • 実数値:
    • 165-167-110-*-91-127(意地っ張り)
    • 165-152-110-*-91-139(陽気)
  • わざ:でんげきくちばし/ドラゴン技/選択枠/選択枠

性格は意地っ張りか陽気を好みで!

パッチラゴンの素早さは準速で127、最速で139となっています。

パッチラゴンのでんげきくちばしは先制を取らなければ弱い技ですが、倍率も高いため攻撃に補正をかけたいという面もあり悩ましいところです。

最速スカーフでもドラパルトは抜けたいため、基本的には意地っ張りでいいかと思います。

環境にその間に属する素早さのポケモンが多かったり、どうしても抜きたい仮想敵がいるときは最速にすると良いでしょう。

特性ははりきりを選ぼう!

パッチラゴンの特性は『ちくでん』『はりきり』となっており、夢特性である『すなかき』については2020年1月現在は未解禁となっています。

はりきりは命中率が0.8倍になるデメリットを持っていますが、ダイマックスすれば攻撃1.5倍はそのままに技も必中になる強力な特性なので、ダイマックス前提ではりきりを選ぶのがベターです。

他にダイマックス要員がいてダイマックスするのが難しかったり、どうしてもボルトチェンジを透かしていきたいという構築の場合では、蓄電を採用すると良いでしょう。でんげきくちばしがシンプルに強いので、蓄電でも火力は気になりにくいです。

持ち物は命の珠がおすすめ!

パッチラゴンはでんげきくちばしだけ撃っていれば強いポケモンに思えますが、実際ははりきりのデメリットが気になるのでダイマックスさせる展開も多いはずです。

ダイマックスさせると拘り系の効果が無効になってしまうので、ダイマックス時にも効果のある命の珠や磁石、ラムのみなどが候補となります。

パッチラゴンは技範囲も広い攻撃型のポケモンなので、命の珠が特におすすめです。

耐久調整はせずに、努力値はASぶっぱでOK!

努力値ははりきりの特性を選んだのであれば、基本的にASベースでいいでしょう。

蓄電であれば耐久調整を施すのも全然ありなポケモンなのですが、でんげきくちばしのためにも攻撃や素早さはなるべく落としたくないところです。

おすすめの技

パッチラゴンのおすすめの技を紹介します。

でんげきくちばし

でんげきくちばしは先制を取れれば威力170になる専用技であり、電気タイプのメインウエポンとして、採用しない理由はありません。

ダイマックスなしで使いたくなりますが、はりきりだと命中不安なのでなるべくダイマックスして使いましょう。

げきりん・ドラゴンクロー

げきりんは威力120でタイプ一致、ダイドラグーンも威力140となり非常に強力な技です。

ダブルでは使いにくいので、ドラゴンクローを採用すると良いでしょう。

つばめがえし

ダイマックス下で使うとダイジェットとなり、素早さを上げていける動きができるようになります。

はりきりを使う上で必中技を持っておきたいという理由からも、なるべく採用したい技です。

じしん・10まんばりき

地面タイプの技を覚えていると、浮いていない電気タイプやドリュウズに打点を持てるようになります。

特防の上がるダイアースも強力なので、余裕があれば覚えさせておきたいところです。

ほのおのキバ

電気技の通りにくい草タイプに打点が持てるようになります。

ナットレイに強く出れるのは大きいため、地震との選択になるでしょう。

ちょうはつ

挑発があると、催眠や鬼火への対策として、また再生持ちのポケモンにも強く出れるようになります。

積み技持ちの耐久ポケモンを意識しないのであれば『みがわり』も良い選択肢といえるでしょう。

パッチラゴンの対策

パッチラゴンは相手すると非常に厄介なポケモンです。その対策を考えてみましょう。

パッチラゴンの上をとる

パッチラゴンは陽気でも素早さ139とそれほど早くはありません。

ドラパルトであればパッチラゴンがスカーフ持ちでも抜けますし、素早さ140以上のポケモンで固めておけば苦戦することは少ないはずです。

パッチラゴンを受けれるポケモンは少ない?

パッチラゴンは広い攻撃範囲を持っているため、受けれるポケモンはそう多くありません。

パッチラゴンの主な攻撃を受けれて、素早さも勝っているポケモンとなると、現環境ではドリュウズやジュラルドン、エルフーンやミミッキュくらいとなります。

素早さが低いポケモンからは、ドサイドンやカバルドンなど防御の高い地面タイプのポケモンがおすすめです。

電気技読みでサザンドラやドラパルトなどのドラゴンタイプを出していくのもいいですが、読みを外すと負け濃厚になってしまうのであまりおすすめできません。

まとめ

パッチラゴンははりきりによる超火力と広い攻撃範囲が合わさって、とても強いポケモンです。

一方、相手に使われると、対策が難しく非常に厄介なポケモンとなります。

ダブルだとサポートしてあげる動きも強いので、是非試してみてください。