ニンテンドースイッチオンラインは無料チケットでやりくりできるかもしれない!

ニンテンドースイッチオンラインは、人によっては無料チケットでやりくりできるかもしれません。調べてみると、結構な頻度で7日間の無料体験チケットが配布されていることがわかりました。

個人プランでも年間2,400円、ファミリープランでは年間4,500円と金額としては大したことがないかもしれませんが、あまりオンラインのゲームを遊ばない方にとっては出費をおさえられる箇所かもしれないのです。

任天堂ホームページ

Nintendo Switchの有料サービス「Nintendo Switch Online」をご紹介します。…

筆者はオンラインでよく遊ぶので常に課金していたのですが、なかなかゲームに時間を割けず「活用できていないなぁ」と思うことも多いです。そこで「7日間チケットの配布周期」と「ニンテンドースイッチオンラインに加入する理由」を実際に書き出して、プランを見直してみることにしました。

7日間チケットの配布周期は2ヶ月おき?

公式サイトのページは削除されてしまっていますが、任天堂の公式Twitterを確認することで過去の配布を確認できます。

2020年4月24日〜

2020年6月24日〜

2020年8月6〜

2020年10月9日〜

だいたい2ヶ月おきに7日間チケットが配布されていますね。このくらいの頻度で配布してくれるなら「加入しない」という選択肢も見えてくるのではないでしょうか?

そもそも、ニンテンドースイッチオンラインに加入する理由とは?

加入する理由は主に以下の3つかと思われます。

オンラインプレイが可能!

「オンラインで遊べる!」というのは一番の理由ですよね。ポケモン剣盾でも毎月のランクバトルやレイドイベント、各種配布ポケモンを受け取るのにオンラインプレイは不可欠です。

ですが、そこまでオンラインで遊ばない人、そもそも1人用のゲームばかり遊ぶような方であれば加入する必要はないのかもしれません。

いっせいトライアルで遊べる!

期間限定で対象となったソフトを遊ぶことのできる「いっせいトライアル」も魅力ですね。こちらも参加するにはニンテンドースイッチオンラインへの加入が必須となっています。

しかし、いっせいトライアルのソフトをやり込むことは少ないと思います。ソフトを知るきっかけにはなるかもしれませんが、本当に好きなタイトルであれば既に購入して遊んでいることでしょう。

カタログチケットでソフトを安く購入できる

DL版のソフトを安く購入できる「カタログチケット」の存在は大きいですね!

My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

任天堂の公式オンラインストア。「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNin…

ですが、引き換える時に加入していれば良いので、常に加入している必要はないと言えます。

無料体験で十分かもしれないという根拠

無料体験でも十分かもしれないという根拠は以下の通りです。

セーブデータのバックアップに対応していないソフトも存在する

オンライン前提のゲームである『ポケモン剣盾』や『あつまれ どうぶつの森』、『スプラトゥーン2』などのタイトルは「セーブデータお預かり」のサービスに対応していません。

オンラインで遊ぶゲームこそ、プレイ時間が長くなりがちでバックアップを取りたいタイトルなのですが、それらに対応していないのはかなり痛いです。データを複製できると「まずい」というのはあるでしょうが、本当にセーブデータを守ってほしいのはこれらのソフトなんですよね…

なお、『あつまれ どうぶつの森』に関しては独自の形での「セーブデータ復元サービス」は行っているようです。

『あつまれ どうぶつの森』はセーブデータお預かりサービスには対応しておりませんが、Nintendo Switch本体の故障・紛失・盗難に備えて、Nintendo Switch Online加入者向けに、本ソフト独自の形で、セーブデータをバックアップ・復元する「セーブデータ復元サービス」を2020年7月30日より開始いたしました。対応内容の詳細については、こちらのページをご覧ください。

出典:各サービスについて|Nintendo Switch Online サポート|Nintendo

あつもりで実現可能な技術であるなら『ポケモン剣盾』でもやってほしいですね… もしも対応してくれたのなら、自信を持って加入をおすすめできるサービスになるのですが…

いっせいトライアルは無料チケットと期間がかぶることもある

7日間の無料体験では「カタログチケット」は交換できないものの、「いっせいトライアル」は遊ぶことができちゃうんですよね。実際に期間がかぶっているものも存在します。

『オバケイドロ』や『ルーンファクトリー4』は無料体験でも遊ぶことができました。これだけ遊べれば十分とも言えますね。

ニンテンドースイッチオンラインに加入するベストなタイミングとは?

ここまでの結果をふまえて、ニンテンドースイッチオンラインに加入する際のベストプラクティスを考えてみます。独断と偏見に基づいたものなので参考程度にご覧ください。

毎月なにかしらのゲームを購入し、オンラインもよく活用して遊ぶ。
“12ヶ月プラン”への加入がおすすめ
遊ぶタイトルこそ少ないが、オンラインはよく利用する。
“12ヶ月プラン”への加入がおすすめ
年に2〜3本のソフトしか買わない。オンラインも利用するが定期的に利用できれば十分である。
「カタログチケット」を購入・引き換えするタイミングで”1ヶ月プラン”への加入がおすすめ
ほとんどソフトを買わない。オンラインもほぼ利用しない。
ニンテンドースイッチオンラインには加入せず、7日間の無料体験のみで楽しむのがおすすめ
“1ヶ月プラン”で年2回の課金におさえられたら、年間1788円の節約になりますね!

まとめ

ニンテンドースイッチオンラインでは定期的に「7日の無料体験」が配布されているため、オンラインの使用頻度が高くない方は加入しないという選択肢もありなのかもしれません。

とはいえ、「カタログチケット」は魅力的なので、遊びたいタイトルがリリースされた際に”1ヶ月プラン”を導入していくのがコスパ的に良いと思います。

 

スポンサーリンク