ポケモン剣盾のランクバトル!シーズン2では一部キョダイマックスが使用可能!

ポケモン剣盾のランクバトルでは今までキョダイマックスのポケモンを使うことができませんでした。ですが、シーズン2ではキョダイマックスしたポケモンも一部使えるようになるとのことです。

少し、詳しく見ていきましょう。

シーズン2で解禁されるキョダイマックス一覧

シーズン2で解禁されるキョダイマックスは以下の10種類となります。

  • バタフリー
  • アーマーガア
  • カジリガメ
  • マルヤクデ
  • ニャース
  • ピカチュウ
  • イーブイ
  • カビゴン
  • サダイジャ
  • リザードン

いずれも期間限定でマックスレイドバトルで出会いやすくなったポケモン、及び、配布などで入手できたポケモンになっています。

今後もピックアップされたポケモンがどんどん解禁されていくことが予想されますね。

キョダイマックス解禁で変わる環境

解禁されるキョダイマックスの中でも、環境に影響が出そうなポケモンを少し紹介します。

アーマーガア

アーマーガアのキョダイマックス技である「キョダイフウゲキ」は、相手の場の「リフレクター」や「ひかりのかべ」、両方の場の「ねばねばネット」や「ステルスロック」を消し去る効果があります。

飛行タイプの技を変化させるため、ダイジェットが使えなくなってしまいますが、シングルでは壁を消しながらダイマックス技を通していけるのが強いです。

アーマーガア自体ポテンシャルのあるポケモンなので、型が増えるのも厄介ですね。

カビゴン

キョダイマックスしたカビゴンはノーマル技が「キョダイサイセイ」に変化します。

50%という不確定な確率なものの、攻撃後にきのみを拾ってくる効果があり、特性くいしんぼうと混乱実とのコンボが非常に強力です。

腹太鼓をしたあとに、キョダイマックスするのがシンプルに強いですね。

バタフリー

キョダイマックスしたバタフリーは虫タイプの技が「キョダイコワク」に変化します。

攻撃時に、相手全体を「どく」「まひ」「ねむり」のいずれかの状態異常にするという、運要素を含みながらも非常に強力な技となっています。

シングルではそこまで見かけることもないでしょうが、ダブルでは花粉団子を覚えるのもあって自然に組み込めますし、今でもトリパの補助役として優秀なので見かける機会も多くなると思われます。

ピカチュウ

キョダイマックスしたピカチュウは電気タイプの技が「キョダイバンライ」に変化します。

攻撃時に、相手全体を「まひ」状態にする効果があり、地面タイプのポケモンにも有効なのがとても魅力的です。

ピカチュウは猫騙しを覚える上に、素早さを変動させる麻痺はダブルで非常に強力なのでガチ対戦でも使われるポケモンになるでしょう。

リザードン

キョダイマックスしたリザードンは炎タイプの技が「キョダイゴクエン」に変化します。

攻撃が通ると、4ターンの間、ターン終了時に炎タイプ以外の相手のポケモンは最大HPの1/6のダメージを受けます。

1/6のダメージは非常に大きく、ガラル地方には炎タイプのポケモンが少ない点からもとても強い技となっています。

キョダイマックスできるピカチュウとイーブイは通常プレイでは手に入らない

キョダイマックスできるピカチュウとイーブイは通常プレイでは手に入れることができません。

入手するには、「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ」「ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ」のプレイデータがそれぞれ必要になります。

ピカブイ自体は普通に楽しめるソフトであり、「ポケモンホーム」に送れることも明言されているため、買っておいて損はないと思います。

上でも紹介した通り、ピカチュウには可能性を感じるので入手したいところですね。

一度でも起動したSwitchであれば、ポケモン剣盾側でキョダイマックスできる個体を受け取れるので、ピカブイを遊ばないという人はすぐに中古に売ってしまうのも手です。

まとめ

キョダイマックスは入手は難しいですが、おもしろい動きができるので是非手に入れたいところです。

今後も少しずつ解禁されていくでしょうし、色んなキョダイマックスポケモンを集めていきたいですね。